しっとり系シャンプーの見分け方

シャンプーの成分 ホームケア

しっとり系シャンプーの見分け方の極意

投稿日:2017-02-15 更新日:

しっとりタイプとかモイスチャータイプって書いてあるのに全然しっとりしないし、むしろパサパサ!ってことありませんか?
使ってみないと分からないってことが多いですが、成分表示を見れば、ある程度はアタリを見抜くことができます。

ということで、今回はしっとり系シャンプーの見分け方をご紹介していきたいと思います。

洗浄成分をチェック

成分表示に、水の次に書かれているのが洗浄成分。
洗浄力が強いとパサつきますし、キューティクルもはがれやすいので、より乾燥しやすくなってしまいます。

しっとり系にNGな成分

しっとり髪になりにくいのは、高級アルコール系の洗浄成分を使ったシャンプー。
表示名は、

  • ラウレス硫酸Na
  • ラウレス硫酸TEA
  • ラウレス-2硫酸アンモニウム

などです。

安いシャンプーでよく使われている成分ですね。
硫酸系とも言われたりします。

洗浄力が高いので、保湿に必要な脂質を洗い流してしまいます。
さらに、キューティクルが浮き上がりやすくなるので、内側から水分が逃げだして乾燥しやすくなります。

キューティクルの隙間から水分が逃げだす

洗浄力が弱めの成分としては、アミノ酸系やベタイン系があります。

アミノ酸系洗浄成分

  • ココイルグルタミン酸Na
  • ラウロイルグルタミン酸Na
  • ラウロイルメチルアラニンNa
  • ココイルサルコシンNa
  • コイルメチルタウリンNa

などです。

最近は割と安いシャンプーでも使われるようになってきています。
洗浄力がそれほど強くないので、必要な脂質を残すことができます。

ベタイン系洗浄成分

  • コカミドプロピル ベタイン
  • ラウラミドプロピルベタイン
  • ココアンホ酢酸Na
  • ラウロアンホ酢酸Na

などです。

かなり洗浄力は弱めです。
メインの洗浄成分として使われることは少ないと思います。

アミノ酸系やベタイン系のシャンプーはしっとりしますが、注意が必要なこともあります。
洗浄力が弱すぎて皮脂汚れが残ってしまって、しっとり感じられるだけの場合もあるからです。

シャンプーしなかった次の日がしっとりしていると感じられるのと同じですね。
皮脂が増えているので、あまりいい状態ではないんですよ。
頭皮に雑菌が繁殖しやすくなりますし、皮脂が酸化すると頭が臭くなります。

組み合わせによって洗浄力のバランスがいいものもある

高級アルコール系の洗浄成分でも、アミノ酸やベタインと一緒に使われていれば、洗浄力が緩和されてしるのでしっかり洗えて乾燥もしないものもあります。
それぞれの配分量の比で洗浄力が変わってくるのですが、そこまでは書かれていないので使ってみないと分からないんですよね。

なので、高級アルコール系が使われているから絶対NGというわけでもないんです。

キューティクルの補修成分

キューティクルがはがれたままだと、髪の内側から水分が逃げ出してしまうので潤った髪になりません。
なので、 はがれたキューティクルを閉じる効果がある成分が使われていると水分を閉じ込めてしっとり潤った髪になりやすいでしょう。

効果がある成分としては、ペリセア(表示名:ジラウロイルグルタミン酸リシンNa)とリピジュアです。

リピジュアの表示名は、ポリクオタニウム-51 /61/64/65の4つがあります。

これらはCMCと呼ばれることもあります。
以下の記事で詳しく説明しています。

ペリセアが入っているシャンプーは割とアタリが多い気がします。

保温成分

最後はしっとり系には欠かせない保湿成分です。

ヒアルロン酸

化粧水なんかでもよく聞くヒアルロン酸。
もちろん髪の保湿にも効果アリです。
特にカチオン化ヒアルロン酸が効果が高い!

カチオン化とはプラスに帯電させること。
濡れた髪がマイナスに帯電しているので、プラスになったヒアルロン酸は髪に吸着しやすくなるのです。
表示名はヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリオニウムです。

モイスチャー系なのにしっとりしない

モイスチャー系のシャンプーやコンディショナーなのにしっとりしない理由は、シリコンなどで外側を重めの仕上がりにしているだけだから。
お風呂上りはしっとりした感じになっても、時間が経つと内側が乾燥してパサパサの状態に!
だから、朝起きると寝癖で広がりやすくなるんですね。

そういったシャンプーの場合、洗浄力が強いものがほとんどなので、成分表示をチェックしてみてくださいね。

まとめ

しっとり系のシャンプーを見抜くには、謳い文句だけで選ばずに、成分表示をチェックしてみましょう。

  • 洗浄成分が強すぎない
  • キューティクル補修成分が使われている
  • 保湿成分が使われている

の3つがチェックポイントになります。

スポンサーリンク

人気シャンプーの比較

プチプラシャンプー 1

できればプチプラでキレイな髪になるシャンプーが知りたい! 1,000円以下で買えるシャンプーでコスパのいいものはどれか、オススメをまとめてみました。 500円以下の超プチプラシャンプーについても解説し ...

ヘアオイルの効果的な使い方 2

ヘアオイルって普通はアウトバスで使いますよね? りょうたろう流はヘアオイルをインバスで使うんです。 「インバスオイルケア」と名付けましょう!! そのメリットは、 重くならない ツヤツヤ まとまる くせ ...

市販シャンプーランキング 3

市販のシャンプーを250個以上使ってみたので、おすすめをランキング形式で発表します! ランキングはりょうたろうの独断で選んでいます。 価格も考慮に入れているので、2,000円以上するものは対象外にしま ...

ディアボーテひまわりの違いを比較 4

クラシエのディアボーテひまわりには、ピンク、青、オレンジの3種類があります。 この3種類すべてお試ししてみたので、それぞれの効果の違いを比較してみました。 ※2019年3月のリニューアル品で全てレビュ ...

傷んだ髪にいいシャンプー 5

髪のダメージケア用のシャンプーってドラッグストアにもたくさんあるけど、実は本当に補修力があるものってほとんど無いんです。 ドラッグストアのダメージケアシャンプーって髪をシリコンやカチオンでコーティング ...

硬い髪 6

硬い、太い、多い! といった剛毛にお悩みの方向けに、髪が柔らかくなるシャンプーを集めてみました。 サロン系は補修力があってハリが出るものが多いので、ここではドラッグストアで買えるものとバラエテイショッ ...

ボタニストシャンプー比較 7

ボタニカルシャンプーを流行らせたボタニスト。 ボタニストには定番ラインナップとして4種類あります。 そして、季節ごとに限定品が販売されています。 これらの種類ごとの違いを実際に使って比較してみたので、 ...

くせ毛用シャンプーランキング 8

市販のシャンプーでくせ毛対策が高いのはどれか? 200個以上使ったシャンプーの中からオススメをお教えします。 ドラッグストアで買えるプチプラシャンプーからサロン専売品までまとめてみました。 目次ドラッ ...

低刺激シャンプー特集 9

敏感肌、乾燥肌の人のための洗浄力弱めの低刺激シャンプーを集めてみました。 洗浄力が低めなので、オイリー肌の人やスタイリング剤を使っている場合は汚れを落としきれないかもしれないので注意! スタイリング剤 ...

いい香りのシャンプー 10

やっぱり香りにもこだわりたい! 今まで使った中で香りにこだわっているシャンプーを集めてみました。 ドラッグストアで買えるものはもちろん、いくつかジャンルに分けてまとめてみました。 目次ドラッグストアシ ...

-シャンプーの成分, ホームケア
-

Copyright© りょうたろう<シャンプーコーディネーター> , 2019 All Rights Reserved.